探偵 福岡・久留米|浮気調査、証拠,慰謝料請求

query_builder 2024/02/18
浮気調査 福岡
IMG_6903


つばめ探偵社・興信所、探偵スタッフの❤ゆかり❤です。


今日は先日作成されておりますAI記事の修正版を

こちら久留米つばめ探偵社HPに書いてまいりますね。

内容としましては、離婚、証拠、慰謝料というジャンルとお考え下さい。


まず、よく耳にします言葉ですが、離婚というのは、誰にとっても辛いものです。

正直、私も経験者ですのでよくわかります。


離婚に至る原因として、パートナーの浮気が挙げられることもあります。

このような場合、慰謝料を請求することができますが、その裏側には様々な問題が潜んでいます。

この記事では、離婚調査という手段を用いて慰謝料請求の裏側を解説します。

離婚調査の必要性とは?

探偵業界において、浮気調査、離婚調査の需要というものは、毎年多く見受けられます。

夫婦間のトラブルが表面化し、離婚するケースも増えてきているということですね。

 

婚姻生活において、夫婦が抱える問題は数多くあります。

不倫、浮気、暴力、金銭問題、養育関係、家対家の問題など、

非常に複雑な問題が絡み合うことがあります。

 

また、これらの問題が表面化し、離婚する前に確認しておかなければならない項目もあります。

例えば、財産分与、子どもの親権や養育費、婚姻費用などです。

探偵による浮気調査・離婚調査は、夫婦間の問題を解決する際に必要な検証作業とも言えますね。

 

探偵は、真実を見定めるために、不倫の事実を検証したり、

家庭内暴力の証拠を収集したり、離婚に必要な情報を収集することが職務内容です。

 

調査結果をもとに夫婦間の問題を解決する道筋を作ると言っても過言ではないでしょうね。

また、夫婦が離婚する際には、原因を作った側が本当のことを話してくれない場合があります。

探偵による調査は、事実を把握し、交渉で全てを決める際のツール作りであり

仮に裁判で問題を解決する際には、証拠として提出することになります。

正当な根拠があれば、裁判所が認めることもありますが

法務上、完全な証拠能力を有しない証拠もどきで騙されてしまい

勝てるものを負けるなどということも散見されますので

探偵事務所の実力は是非見極めていただきたく思っております。

 

繰り返しますが、探偵による浮気調査は、夫婦の問題を解決するための貴重な手段の一つです。

特に被害者側にとっての話ですね。

まともな調査結果であれば、必要な記載情報を運用し、

最終的にはスムーズな離婚手続きが可能になります。

 

写真はつばめ探偵社浮気調査大型パック報告書実物でして

これで一件分です。負けようがない資料、相手方を訴訟前に封じ込めることを

基本理念として調査にあたっておりますので、これくらいは普通の状況です。

慰謝料請求が認められる条件とは?

慰謝料とは、婚姻関係や交通事故などの被害者が被害によって減った

心身の苦痛を補償するために支払われるものです。

慰謝してもらう手段としては、お金しかないゆえに慰謝料というお金が

絡むというわけです。

 

探偵業務においては、浮気や不倫などの婚姻関係に対する不法行為の調査を行い、

断定証拠、直接証拠を収集することで慰謝料請求の裏付けとします。

ここで間接証拠にとどまるものを胸を張って「証拠です」という輩が

福岡県内では、跳梁跋扈中ですので、要注意ですからね。

 

慰謝料請求が認められるためには、被害を受けた側に以下の条件が必要です。

まず、行為によって心身に苦痛があることが必須要件となります。

被害が認められるためには、医師の診断書が必要な場合があります。

精神的なものでは心療内科、暴力であれば一般外科などになるかと思われます。

もちろん、完全必須要件はないのですが、利用なさるケースも散見されますね。

 

また、被害者に対して行われた行為が、法的に不適切なものであることが必要です。

不貞行為は不法行為ですので、当該範疇に入りますね。

さらに、被告側にも次の条件が必要です。

まず、不法行為があったことが証明される必要があります。

これは診断書、写真の類ですが、録音もプロパティーにて録音日時が

証明可能であれば、運用可能でしょう。

モラハラも疑似例でして、同様です。

 

そして、探偵が収集した証拠が、裁判で認められるかどうかが重要になります。

中には、「裁判に使えます」という意味不明な言葉で釣る探偵会社もありますから

注意されてください。

 

裁判に使えて当たり前なのに、そこを言及するということは

恐ろしいほど無知であるという証明になってしまうからです。

もしくは訴訟では使用不可能な書面を作成した過去例でも

あるのでしょうね。

 

まるで鬼の首をとったかのごとく表現していたり

弁護士の写真を載せていたり・・・・悲しい現実です。

証拠を収集するのは探偵事務所です。

弁護士さんは、それを運用なさるのがお仕事ですので

意味不明とも言えますが、おそらく虎の威を借る狐戦法

なのでしょうね。

 

つまり、種々の要件でもって訴訟に使用不可能なものを提出する会社が

あることは確かですから、そこに対して言っているのだろうとは思います。

しかし、基本的には訴訟前の完全主導権下の交渉で決まることが圧倒的に多いですからね。

うちではの話ですよ。

 

「完全証拠の山で証拠武装しているこちら側」に訴訟で挑んでくるほうが

少ないと言えばわかりやすいかと思います。

 

以上の条件を踏まえ、探偵としては慰謝料請求に必要な証拠を収集することが重要です。

また、被害者や被告側に対して法的なアドバイスを提供することも

レアケースですがありました。

直調にて聞き出した内容を活かしたことも確かにありましたね。

 

まあ、ここはまともな探偵会社であれば、どこまでを進めれば

問題解決に至るかはわかっておりますので、心配は無用かと思われます。

探偵が探偵としての役割を果たすことで、慰謝料請求が認められる方向に

誘導しないといけないのは確かですね。



IMG_7055


証拠収集のポイントとは?

探偵が行う重要な作業は、証拠収集ですよね。

この作業は、信頼に値する証拠を収集することによって、事件や問題の真相を

明らかにすることを目的としているために、極めて重要なものです。

 

証拠収集において最も重要なのは、正確な情報や詳細な情報を収集することですが

証拠能力は確実に要求されます。

また、証拠を収集するためには、テクニックや技術が必要である

ということも覚えておかなければなりません。

 

ただ、現在、当社におきましては、「失敗調査の報告書」を3通保管しておりますが

それは当方で「やり直し調査」を行う際にお預かりしているのですが

どれもこれも証拠能力など考えていない瑕疵ある報告資料と

なっており、こんなもので訴えたなら「訴え負け」は確実だろうな

というレベルです。

 

一つは他県に本部を持ち、福岡県においてはレンタルオフィスしか持たない

といった会社であり、面談、契約は喫茶店を指定してきたという話でした。

事務所がまともでない会社の常套手段です。

これは一番危険でしょうね。

 

実際、当方の認知する限りでは、

広告上位でも実力は最低というレベルの3社に含まれる会社なのですが

世間一般の方がそれを調べる術はないですもんね。

お気をつけくださいというだけでなく、

まずは「喫茶店などでの面談」を持ち出されたら

お逃げくださいとだけ言っておきましょう。

周囲に丸聞こえの喫茶店での話など、うちでは逆にお断り

させていただいております。

 

探偵が証拠を収集する方法の中で、最も一般的なものは尾行か監視になります。

この場合、探偵は、被調査対象者の行動を監視したり、周辺環境について調べたりします。

このような方法で得られた情報を分析することによって、

問題の本質、真相をつかむことができます。

別の言い方をするなら、そこで調査実施日時なども分析可能となるのが一般的です。

全件そうなるとは言えませんが・・・・・

 

また、探偵の技術や経験、そして各種の調査ツールなどをうまく活用することによって、

より正確な証拠を収集し、問題解決に貢献することができます。

最後に、訴訟案件や裁判での証言に使用されるほどの信頼性を持つ証拠を収集するために、

探偵は常に正確かつ信頼可能な証拠と言えるレベルの証拠を収集しなくては

ならないと言えますね。

 

一昨年、某地域で虚偽報告が問題になったケースがありましたが

そんなものは言語同断です。

調査員の役割とは?

探偵は常に、依頼者さんの証拠運用を考えて調査を行っています。

そのため、調査員の役割は重要なものとなろうと言えます。

 

調査員は、探偵事務所に所属している場合が多いですが、国家資格を取得した専門家ではありません。

昨日今日探偵の名を語り始めたというFC会社も乱立中です。

雨後の竹の子状態で看板を乱立させているのが、それらFC探偵群ですね。

顔写真付きの下品な看板が熊本などでは乱立中ですもんね。

 

調査員は、契約書を基に、依頼者が望む調査内容を確認し、調査を実施する計画を立てます。

その後、現場に出向き、撮影や尾行、監視などの必要な取材を行い、実務に入ります。

収集した証拠は、調査報告書としてまとめ、依頼者に提出します。

 

このような調査員の役割は、多くの場合、私人や企業からの調査依頼に応えることが多く、

調査員のプロフェッショナリズムと秘密主義精神は非常に重要なものとなります。

探偵業界はこれまでの固定観念を払拭し、新しい価値観に基づいた形で成長しています。

そのため、調査員の役割がますます重要になってきていると言えます。

 

ただし、実力派と利潤追求派という2分状態かなという印象は強いですね。

注意すべきリスクとは?

探偵業界には注意すべきリスクが多くあります。

まず、真実のみを証言することが求められます。

また、探偵の行政処分や訴訟などによって、業界内での信用が失われることもあります。

行政処分を受けた探偵が会社名を変えて出て来ているものもありますが

高圧的で評判は悪いようですね。

 

さらに、違法行為に手を染めることや、プライバシー侵害などを行うと、

法的な問題に直面することも考えられます。

 

つまり、探偵業界には高い倫理観とプロフェッショナリズムが求められるのです。

しかし、適切な情報収集や分析・調査技術を持ち、法律及び倫理規定を遵守することにより、

信頼される探偵として貢献したいものですね。



記事検索

NEW

  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、報告書提出

    query_builder 2024/04/19
  • 探偵 福岡・久留米|最低の浮気調査:実例

    query_builder 2024/04/18
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、イカサマ調査(事実)

    query_builder 2024/04/17
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、遠方調査前夜

    query_builder 2024/04/16
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、報告書関係

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE