探偵 福岡|浮気調査等探偵業務、探偵広告への意見

query_builder 2023/10/06
浮気調査 福岡
001 (30)


浮気調査 福岡|証拠開示等における探偵業務:重要内容

 

重要な内容ですので書いてまいりますね。

つばめ探偵社代表、舩越の文責にて以下、書いてまいります。

ただ、元の文章は探偵スタッフの「しのぶ」さんのものを

引用している部分もかなりございますので

そこはご容赦お願い致します。


今は、進行中浮気調査におけます不倫交際相手方家屋の

判明となった直後でして、日付は変わりましたが

結構な空腹状態で書き始めております。


でも高揚感もありますので、書ききれる?とは思っております。

 

では、まず、一つ記しておきます。

探偵会社のHPでは、どこも美辞麗句が並べられています。

出来立てFC会社であっても、胴元本体のHPを利用しますので

あたかも長年活動しているような様相を呈しています。

手口としてはうまい騙しだなと思います。

みんな錯覚しますもんね。

 

中には、HPのどこにも福岡における事務所の存在が書かれていない

という会社も複数存在します。

きっと喫茶店などで会いましょうと言うのでしょう。

喫茶店などでは話が聞こえまくりですので、うちでは絶対にお断りしております。

 

もしそういう提案をされたのであれば、

そこは疑念をお持ちいただけたらと思いまして、

記述しておきますね。

 

絶対に事務所を訪問し、どのような調査員が

どのような調査をこの福岡・久留米エリアで

実施しているのかを絶対に確認されますことを

口を酸っぱくして老婆心ながらお勧め致しますね。

問い合わせ先が本部、それも遠い箇所・・・・

と言う会社などあまりの愚劣な集客だなと思っております。

 

さて、訪問となりましたら

その会社の探偵業開始年月日を確認されますことも

重要です。

会社内に掲示義務があります。

 

開始年月日は嘘をつけませんので

その開始時期前の報告書見本が提示されましたら

それは「イカサマ」を意味します。

 


HPに福岡での会社と書きながら事務所所在も書けない

という会社はちょっと怖いですね、お気を付けください。

 



IMG_6254


浮気調査におきましては、不貞証拠を入手したあと、それをどのように運用するか

という問題は必ず発生ます。

運用しなければ調査の意味はないですもんね。

 

でも、探偵会社選びの段階で結末は見えているように思います。

その理由を書いていきましょうね。

 

①証拠開示後、対象者、第2対象者に対して、完全主導権下での交渉で和解し

慰謝料額を確定させ、離婚も含めた条件交渉を行い、そこで妥結に至るか

②それとも訴訟に進み、そこで和解案としての慰謝料額となるか

納得いかずに控訴となるかなどいくつかのパターンにわかれます。

 

最初の2つが基本形ですので、そこを書いてまいります。

そこを考えていきますと・・・・・

 

訴訟となりますと、時間、お金、体力、精神力、

全てが面倒なものとさえなります。

弁護士さんにお願いしたとしても、

やはり精神的に、きついことはきついと思います。


では、完全主導権下で対象者等が無条件降伏とまでは行かずとも

その段階で全てが妥結できたなら・・・・・

絶対にそのほうがいいですよね。


記憶のみのデータから書きますが

訴訟での和解案、または判決と主導権下の和解交渉では、後者の慰謝料額の方が

基本的に上回っていますし、余計な「手出し」も発生していないですね。

そう考えると訴訟前決着を目指すべきだと思っています。

 

では、訴訟前決着の為には・・・・

ということで分厚い報告書を作成しているというわけです。

当該資料を見ただけで、戦意は喪失してくれるはずですし、実際、そうなっています。

 

もちろん中には訴訟へ移行したケースもありますが

証拠集としては完ぺきなものですので、負けるのは至難の業となります。

ですから心配はいらないのですが、やはり、早期決着のほうがいいですよね。

 

その際にダブル不倫などもあれば、求償権という問題も出てきます。

しかし、第2対象者(不倫交際相手)を徹底的に調べ

求償権をかわせると判断し、請求を起こしたケースも多々存在しています。

個々の事例に言及してしまいそうですから書きませんが

ここにもテクニックの差は出ますね。

 

今、作成中の報告書もそのような形へ移行させる予定です。

そう考えていきますと・・・・

最初から「調査費用はどうなんだろう」と、

そこしか見えない人と「総括して見れる方との差」が

そこに生じるということになりますね。

もちろん、調査力があり、報告書レベルも期待でき、さらには各種ノウハウを

持つ探偵会社でなければ、上の図式は夢物語となってしまいますので

そこはご注意ください。

 

とにもかくにも、いかなる手段で不貞断定、常習性の断定、支払い能力の断定

依頼時に夫婦関係の破綻になっていなかった断定など

種々の断定要素をいかに取り込み、相手方の反論の余地、

つまり、依頼者氏側の主張に対応可能かもしれない対象者側の要素を全て駆逐する

という要素でもって報告書を作成していくということも必要ですし

そこは法的知識だけでなく、ある程度の悪知恵が無いとダメかな?

と思ってしまうことがありますね(#^^#)

 


世間には、法務知識は皆無という付け焼刃知識の探偵さんしかいませんので、

説明を加えているに過ぎません。

先週まで居酒屋勤務だった方がいきなりFC探偵として開業・・・・

法務知識、調査遂行スキル・・・あると思われますか?

FCとは・・・一般的にそんな世界なんです、ひどいものです。


 

レアケースですが、時折、妙に対抗してこようという対象者もいますので

細心の注意での策略はあったほうがいいでしょうね。

うちでは、とにかく訴訟前決着を目指しますが

当方の過去例に沿って作成していきますので、全てお任せいただければ大丈夫です。




009


最後に、報告書に関して言えば・・・・

「こう動きました、そして、このように動きました」

という内容だけであったならば

我々は稚拙、陳腐であるとさえ考えています。

 

我々は結論ありきで進めていく調査になりますので

逆算型浮気調査とでも

言ったらいいのかもしれないです。


ですから月並みな手法の探偵さんとは相いれないのかも

しれないですね。


変わっているとは思いますが、期待いただけることは間違いないでしょうね。

期待を裏切ったこと・・・記憶にないですよ(*^_^*)


 


文末に一言だけ記します。

 

最初から・・・・弁護士云々、訴訟で云々という記述が目立つHPは

信用すべきではないです。

元〇〇などという探偵業務では全く役にも立たない

途中退職の履歴に頼る手法・・・・無意味です。

権力、法的保護下での活動と、民間人の活動では

全然、違うということは書いておきたいと思いますが

まあ、それでも出来立てFCよりはマシなのかなとは思います。


また、虎の威を借りる狐商法として提携弁護士を登場させる手法

まず、期待できないという意見が多いのは確かです。

九州探偵調査業協議会HPである探偵ラボもご参考になって

いただければと思います。


とにかく、訴訟前決着可能な報告書であればいいだけなのですから

弁護士が~~云々・・・無意味な記載でしょうね。


また、弁護士が証拠を集めてきて・・・というものでもないですからね。

懇意の弁護士さんを顔にしたHP会社・・・

信用を得たいだけの虎の威を借る狐商法と言えそうですが笑えるのは

そんなHPを作りながら

クーリングオフも知らない探偵会社も

ありますからね。


以上、つばめ探偵社の意見として書かせていただきました。

あくまでもうちの意見ですので、選択の自由は皆様にございます。


記事検索

NEW

  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、難題と実務中映像

    query_builder 2024/02/21
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、昨日の参考映像

    query_builder 2024/02/19
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、証拠,慰謝料請求

    query_builder 2024/02/18
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、新機材について

    query_builder 2024/02/17
  • 探偵 福岡・久留米|浮気調査、正念場を前に・・・・

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE